スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の体験会のおしらせ

2011.08.21.07:00

この秋はBongos Collectionになります。

よく知られている子ども向けの歌がとても素敵なアレンジになっていたり、
Music Togetherらしいノリノリの曲があったり
秋の空気にぴったりのひんやりした風を感じるような美しい曲があったり
アフリカンやアイリッシュ、ラテンの曲もあったり

いつもながら盛りだくさん、バラエティにとんだ内容で楽しいこと間違いなしのコレクションです。

しかも秋は恒例のハロウィンレッスンを行ないます。
これは子どもたちに仮装して参加してもらい(ママやパパも!)いつもの曲のハロウィンバージョンで楽しむレッスンで、毎年とっても好評です。

昨年のハロウィンの様子
MT halloween 2010



そんな秋のレッスン、まもなく始まります。
それに先駆けて、無料の体験会を行います。
各回とも定員がありますので、お早めにお申し込みくださいね。
なお、こちらからの返信に対してお返事をいただき、確認がとれた時点で申込完了とさせていただきます。


===============================

       秋の無料体験会

===============================

名駅クラス

9月10日9月17日(土) 日程変更となりました
        A ) 10:00~10:50 
B ) 11:00~11:50
  スタジオカサフラメンカ
会場の案内  


七宝クラス

9月12日(月)10:30~11:20
   ヨシカネ楽器店
会場の案内


稲沢クラス

9月13日(火) A )10:00~10:50 
B ) 11:00~11:50
   稲沢市民会館 練習室2
会場の案内




参加は無料ですが、申込が必要ですので、右側に有りますメールフォームにてお申し込みください。

いずれも定員まで先着順となっておりますので、参加をお考えの方はお早めに申し込みくださいね。

その際は
 (1)お子様のお名前*
 (2)お子様の年齢*
 (3)希望される会場および時間帯
 (4)お母様の携帯電話番号(当日の緊急連絡先として)
必ずおしらせください。

*名札をご用意しますのでよみがなをお願いします。
 また同伴されるご兄弟がいらっしゃる場合も人数に含まれますので、乳児や小学生であっても、かならずお名前/年齢(月齢)をおしらせください。名簿にないかたは当日ご参加いただけないこともございます。

*複数の保護者の参加も可能ですが、人数をおしらせくださいね。

お申し込み後、確認のメールをお送りしておりますので、必ずご返信ください。ご返信いただけない場合、予約は仮申込のままとなってしまいます。
メールアドレスの記載間違いやお使いの携帯メールの設定により、こちらからの確認メールが届かないこともあります。
数日待っても確認メールが無い場合、恐れ入りますが再度メール送信をお願い致します。



・体験会にて登録を決められた方は登録料(2000円)免除。
・またMusic TogetherのペアレントガイドDVDをさしあげます。
parentguide.jpg




スポンサーサイト

世界中のファミリーに

2011.08.14.15:52

Music Togetherには参加しているご家族に送られるメールマガジンのようなレターがあります。
すべて英語なので、配信していない日本のセンターも多いかと思いますが。。。

先日発行されたそのニュースレターに私のクラスの動画と写真が紹介されました。

familyenewsletter2011summer

私のセンターでは日本語でも替え歌をしたり、説明を日本語でしたりしています。
実はこれは日本のセンターでは少ないようですが、非英語圏の国で行なわれているMusic Togetherのクラスでは母語を多用することはわりと普通に行なわれているそうです。

英語教育のプログラムではないので、どうしても英語でやらなくてもいい、と本部からも言われていますし、母語の使用も奨励されています。
音楽や歌の世界が、より広がり深く学んで行けるなら母語の方がふさわしいと、私も考えています。

そういった想いを受け止めてくれて、今回「ユニバーサルなクラス」の例として私のクラスを世界中のMusic Togetherファミリーに紹介してくれたのです。

英語をまったく使わないわけではなく、英語で歌うことも気楽にチャレンジできるクラス作りを心がけています。
ママに歌えないのに、子どもたちが歌うのは難しいと思いませんか?

おまけとして英語らしい音に触れて、耳がよくなったり英単語が増えたり、フレーズ丸ごと入ったり、という副次的な効果は実際にあります。

それよりももっと大事で、根源的な「学び」がここにはあります。

気になる方、ぜひ1度体験なさってみてくださいね。



アメリカからのお客さま

2011.08.14.15:34

先日、稲沢クラスにお客様がありました。

8月6、7日に東京にて行なわれた指導者向けの研修会「ドラムサークルフォーティーチャーズ」へ、ゲスト講師として招かれて初来日したMary Knyshさんです。

彼女はMusic for Peopleという団体が行なう音楽ワークショップの指導者でもあり、ドラムサークルファシリテーターでもあります。またMusic Togetherとも縁が深く、ミュージシャンとしてもCDの中の曲に参加していたりします。秋からはじまる「Bongos Collection」のCDのクレジットにもお名前があるんですよ。

Mary1.jpg 
       下から2段目↑



東京での研修会で私が通訳を務めさせていただいたこともあり、「日本のMusic Togetherの実際のクラスをぜひ見せてほしい」という希望をいただき、今回の訪問が実現しました。

Mary2.jpg

Maryさんの横にいるのは、私の友人でドラムサークルファシリテーター仲間のScottさん( from 掛川)です。

子どもたちは(ママも)はじめは見慣れないお客様にすこ~し緊張気味でしたが、いつものHello Songからはじまって、おなじみの歌と楽しいアクティビティを続けるうちにどんどん2人のことが気にならなくなっていったようでした。

今回はゲストにみんなから日本の歌のプレゼントを。
ただ歌っても美しいのですが、Music Together風にアプローチして、より美しい世界を皆で作り上げることができました。

Maryさんにいただいた素敵なカリンバの音色に「きれいな音♪」とママたちに喜んでいただき、それをドラムの上に置いたとたん大きく音が響いて、みなびっくり。
こどもたちも興味で目がきらきらしていましたね。

「こどもは世界どこに行ってもかわらないわ」と、子どもが大好きなMaryさんは目を細めて喜んでくれましたよ。
帰国したら本部の先生たちにも、ここでの楽しい様子を伝えてくださるそうです、

また、Music Together初体験の友人のScottさんも「すごく楽しかったよ。子どもが出来たらこういうクラスに入れたい!」と笑顔でした。そして子どもたちの音楽的な反応が素晴らしいことに,とても驚いていました。「こんなに小さくてもできるんだね。」と。

ご参加いただいたご家族のみなさん、ありがとうございました。

Maryさんのブログにこの時の様子が書かれています。(英語ですが)よかったら読んで下さいね。
Music Together Class in Nagoya with Yasuyo

彼女とは郡上踊りに行ったり、和太鼓体験したり、即興セッションしたりしましたので、そういったことも上のブログに色々書かれています。

また私もHappy Beat☆のほうにも記事を書きましたのでよかったらお読み下さい。
Happy Beat☆
プロフィール

Yasuyo Minoura

Author:Yasuyo Minoura
Music Together by Happy Beatからのおしらせ用ページです。
HPは別にありますので、詳しくお知りになりたい方は、下のリンクをご利用ください。

これとは別に、休日にドラムサークルをメインにmusic making の場を提供しているHappy Beat☆もリンクにありますので、是非のぞいてみてください♪

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最近のコメント
アクセス数
カテゴリー
月別アーカイブ
All rights reserved
Music Together art & logo design copyright c 1992-2009 Music Together LLC. Music Together was developed by the Center for Music and Young Children, Princeton, NJ. .Music Together, CMYC, and Center for Music and Young Children are registered trademarks. For more Music Together locations; www.musictogether.com

QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。